そもそも化粧品とは何か?

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(旧薬事法)にかかわるのは、あくまで人体へ使用されるものです。
石鹸などで、芳香用や食器用の用途であれば、関係ありません。

<化粧品>・・・・・医薬品、医薬部外品 に該当しないこと。
効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。製品毎に厚生労働省の許認可が不要とされ(製品毎は届出のみ)、メーカー判断で開発できるようになっています。(※ただし、含有できない成分などは厳しく定められています。化粧品基準で定められていますので、基準に合わない場合はその商品は諦める、処方(配合内容)を変えるなどになります。)==>化粧品の基準に成分が合致してるか?  化粧品の効能効果に合致しているか?

自作(ご自分で作成)して、自己使用(ご自分が使用する)のは、関係ありません。ただし、他人にただでもあげてはいけません。
厳密に言えば、海外旅行で自己使用として買ってくるのはOKですが、他人にはプレゼンしてもダメ。
海外旅行がてら、余分に多く買ってきて、ネットなどで他人に売るなんてのは捕まります。

化粧品とは別に、医薬品、医薬部外品(薬用化粧品) が有りますが、

効能・効果は化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品  となります。